オンライン予約はこちら⇒WEB予約

院長の一言

保険でも白い歯に出来る! 2  CADCAMインレーの保険適応。

こんにちは、院長の佐藤です。すっかり桜も散って、緑がまぶしい毎日ですね。
あちこちで見かけるつつじがとても綺麗で散歩が楽しいです。

今回は前回の続きとして、今年4月に診療報酬改定され、保険適応で白い歯に出来る治療が増えたお話をしたいと思います。
CADCAM(キャドキャム)インレーが保険診療で対応できるようになりました。

【CADCAM(キャドキャム)インレー】

CADCAM(キャドキャム)インレーは、デジタル技術で作られた、ハイブリッドレジンの歯の詰め物です。
もともとクラウン(冠)は対応となっていましたが、あらたに詰め物も保険で入れることが出来るようになりました。
ハイブリッドレジンはセラミックをプラスチック(レジン)の中に混ぜ合わせた素材です。

【ハイブリッドレジンのメリット】

・見た目が白くできる

・保険対応可能で、安価に利用できる

・以前治療した銀歯を白くしたい場合にも、保険対応で利用できる

・かみ合わせの歯の負担を小さく出来る

・金属を使わないので金属アレルギーでも大丈夫

【ハイブリッドレジンのデメリット】

・銀歯よりも歯を削る量が多い

・セラミックのみに比べると強度が弱く、咬み合わせの力が強いと割れることがある

・劣化し、変色することがある

・白さが単調で、若干不自然さがある場合も

考慮する部分もありますが、保険で白い詰め物ができるようになったのは、大きなメリットですね!
当医院ではみなさまのご希望に沿って、CADCAMインレーの治療をいたします。

ただ、やはりオールセラミックの歯に比べると強度が低く、割れやすくなります。
詰め物は冠(クラウン)に比べて面積が少ないので、やはり強度が劣ります。
また、治療技術的に難しく、技工代も高いので歯科医院にとってはメリットはあまり高くありません。
しかし、一番大事なのは患者のみなさまにとって最適な治療です。

デメリットも考慮しつつ、治療方法をご提案しますので、治療方法を選択いただければと思います。
自費治療となるオールセラミックに比べると性能は落ちますが、保険対応で治療できる事はみなさまのメリットです。

不安や疑問などありましたら、何でもご質問ください。
それでは、みなさまのご来院をお待ちしております!

佐藤 義博

佐藤 義博

こんにちは。JR武蔵境駅、南口徒歩1分「さとう歯科クリニック」院長の佐藤義博です。 私は富山県魚津市にて生まれ育ち、東京医科歯科大学にて博士号を取得しました。 東京都武蔵野市には祖父の家があり、2002年からこちらに住みはじめました。緑豊かで、素晴らしい町だと思います。 治療技術を研鑽すべくいくつかの歯科医院にて修業を積み、微力ながら愛する武蔵野市に地域貢献を果たすため開業いたしました。 多くの方々に愛される歯科医院を目指していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA